DISの教育ICT総合サイト

文教ICT

21世紀型スキルを育む授業デザイン研修

研修の概要

 21世紀型スキルを育成する「学習者中心の学びの実現」をテーマに、学習者中心の授業デザインのポイントについて学びます。また Intel®マスターティーチャーによる実践事例紹介やグループでのディスカッションを交えたワークショップを通して、先生ご自身の単元計画の作成を行ないます。

 

<研修のねらい>

■21世紀型能力(21世紀型スキル)と、その育成のための授業デザインのポイントについて理解し、
                   スキル育成を目的とした単元計画に活かすことができるようになる。

■研修で検討した単元計画を元に授業実践/校内伝達研修を行うことができるようになる。

■研修で検討した単元計画や21世紀型能力を育成する視点を現場教員への指導に応用することができるようになる。

 

研修のタイムテーブル

※お知らせ

◆本研修は、全6時間で構成されています。
◆ダイワボウ情報システム株式会社が提供する別研修(機器操作、アプリケーション活用等)と組み合わせ、1 日研修として実施可能です。
◆本研修には、簡単な事前学習が用意されています。

時間 内容 使用教材
事前学習:Intel®Teachプロジェクト型アプローチ 「研修事前学習動画」及び、「プロジェクト型学習事例動画」の視聴・メモ
10:00 ~ 10:15 0:15  講師紹介、タイムテーブルの説明、使用機器、教材の説明
 ★はじめに:研修主旨とゴールについて(教育委員会様)
 
10:15 ~ 10:30 0:15

 動画の視聴:教育現場の動向と社会のパラダイムシフト

       21世紀を生きる児童・生徒が身につけるべきスキルについて

 
10:30 ~ 11:00 0:30  ●アクティビティ1:21世紀型スキルを育成する授業デザイン ・講師用PC(スライド)
・受講者用ワークシート
11:00 ~ 11:30 0:30  ●アクティビティ2:プロジェクト型アプローチ(マスターティーチャーの実践)に期待される効果と課題 ・講師用PC(スライド)
・受講者用PC(意見交換、全体共有)
11:30 ~ 11:45 0:15  ●マスターティーチャーの実践事例共有 ・講師用PC(動画)
11:45 ~ 12:00 0:15  ●質疑応答  
12:00 ~ 13:00 1:00 お昼休憩  
13:00 ~ 13:50 0:50  ●アクティビティ3:プロジェクト型学習の概要、プロジェクト型学習の設計 ・講師用PC
(スライド、動画)
13:50 ~ 14:20 0:30  ●アクティビティ4:単元計画(個人で作成) ・受講者用PC
(単元計画フォーマット入力、意見交換、共有)
14:20 ~ 14:40 0:20  ●単元計画をグループで共有
14:40 ~ 15:10 0:30  ●アクティビティ5:単元計画(個人で見直し、修正)
15:10 ~ 15:40 0:30  ●アクティビティ6:単元計画の発表(全体共有) ・受講者用PC
(全体共有)
15:40 ~ 16:00 0:20  まとめ、ふりかえり、アンケート記入 ・講師用PC
(スライド、動画)
研修のアウトプット(成果物) プロジェクト型学習単元プラン

※時間は状況により前後する可能性があります。

研修環境

▼インターネットアクセス
▼受講者 1人1台のタブレットもしくはノートPC(MS-Office、Adobe Reader、Flash閲覧可能なものが)
▼プロジェクター、スクリーン(もしくは電子黒板)
▼筆記用具、担当学年教科にかかわる教科書、副教材など(任意)
▼20名(1グループ4~5名程度)

研修開発協力

●Intel® Teach プログラム とは?

 インテルでは、子どもたちが来るべき時代を自分たちで形成し、世界的に活躍していくために、基礎的・基本的な知識・技能の習得にとどまらず、これらを活用して課題解決する力を育成することが重要であると考えています。Intel®Teachプログラムは、インテルが教育分野で展開する社会貢献の一環として、世界70カ国以上で1,500万人以上の教育関係者に受講いただいている“思考支援型”の授業を実現するための教員研修プログラムです。日本では2001年から、全国4万人近くの先生方、教員をめざす学生が受講しています。

お問い合わせ

>>価格、資料請求などのお問い合わせはこちらから target_blank

※時間やサービスのカスタマイズも可能。お気軽にご相談ください。

ページトップに戻る