タブレットの導入が進む中、
活用が進まない理由とは?

GIGAスクール構想の進展により、全国各地でICT機器の導入整備が進みましたが、各教育機関は教員がICT機器を活用した授業が実践できるか不安の声が上がっています。

国から後押しされる形でICT化を進めた結果、以下のような課題が生じています。

  • 「回線が混雑してしまい校務や授業進行に滞りが生じる」
  • 「教員側のリテラシーが追いつかず授業の質の低下を招く」

このように、日常業務に支障が出てしまう教育機関も少なくありません。

ではこれらの課題を抱える教育現場にICT機器の提案をするうえで、
押さえておくべきポイントはどこなのでしょうか。適切なICT機器の選定と各学校の環境に合わせた整備計画の策定が重要となります。

タブレット運用時の提案の際に
押さえておきたいポイント

  • 各学校の導入状況に合わせた設置・環境整備の提案
  • 現場のニーズに合わせたサポート体制の提示
  • 「教え方」の支援

本資料では、 「導入前」「導入後(障害復旧)」「運用時」それぞれフェーズごとの学校現場や自治体様の状況に合わせて、必要とされている支援内容と提案時のポイントをわかりやすくまとめています。教育ICTの導入提案される予定がある方はぜひご参考ください!

    下記のような方におすすめの資料です。

  • ✓ICT機器の各導入フェーズにおける提案の仕方を知りたい
  • ✓ICT機器導入後の相談を受けているが、どのようにサポートすればよいのかわからない

当資料でご覧いただける内容

国の後押しでニーズが高まる市場だが目標通り導入が進まないワケ

  • 現場運用ができない
  • 意識調査で見えてくる教員の「教える」スキル格差
  • ICT機器高度化に伴う、トラブル対応の難しさ

抵抗感に悩む教育機関が喜ぶ提案のポイント

  • 導入前:各学校の導入状況に合わせた設置・環境整備の提案
  • 導入後(障害復旧):現場のニーズに合わせたサポート体制の提示
  • 運用時:「教え方」の支援

導入・保守・導入後研修など、学校でのICT運用をワンストップで
サポート「文教(K-12)向けサービス&サポート」

  • 複雑な導入設置をサポート
  • 想定外のトラブル、物損に対応した延長保証サービス
  • 教員向け研修サービス(スタンダード~カスタマイズ)