注目の教育ICT製品

導入フェーズ教育ICT定着期

教育ICT先進校だからといって「最新ツール」を求めているわけではない

2019.03.28

教育ICT環境が整備されている中、生徒1人1人がタブレットを活用し学習を進めることは珍しくなく成功させている学校も増えてきています。そこで販売店様は、デジタル教材を積極的に導入している学校に提案する機会が多くなってきているのではないでしょうか。

一方、販売店様は、導入された後の学校現場の活用実態の詳細が分からず「便利なツールを紹介しても、導入が進まない」という課題をかかえているようです。実は、先進校だからといって「最新ツール」を求めているわけではないのです。

そこで今回は、教育ICT導入・活用を成功させるために販売店様が知っておきたい「教育現場のリアル」と、教育ICT先進校が販売店様に求めることをご紹介します。教育現場の真のニーズを掴みたいとお考えの販売店様は必見です。

販売店は知っておいた方がいい「教育現場のリアル」

全国的に学校教育ICT導入率は目標を下回る中、教育ICT推進校など、特に教育ICTに力を入れる学校は無線LANがとおり、生徒に一人一台タブレットが準備される学校が増えています。そんな学校に勤務する教員はICT機器に対してどのような課題を抱えているのでしょうか。よくある課題を2つにしぼり、ご紹介致します。

①児童・生徒のICT活用指導に時間がかかる

今や学校のICT環境整備は地方自治体を始めとし、全国で取り組みがすすめられています。中でも、タブレット型コンピュータ導入台数は2年で3.5倍に増加するなど、導入はますます加速しています。
しかし、ICTの教育環境がある程度進んできているとはいえ、現場の先生たちはICT活用に関して試行錯誤の毎日です。

また、同調査によると、教員のICT活用指導力の推移で、最も低い数値を示しているのが「児童・生徒のICT活用を指導する能力」です。次期学習指導要領の実現に向け、普通教室においては、一人一台の可動式PCなどの環境が必要であると指摘されていますが、現状、一人一台のPC・タブレットがあったとしても、児童・生徒の活用を指導することが十分にできず、ICT機器を活用した深い学びを実現できない教員は少なくありません。

その具体的な課題として、「児童・生徒が使えるまでに時間がかかる」「操作を説明するのに時間がかかる」「一人一人の対応に追われてしまう…」「フォルダが整理できず学習の積み重ねができない」など、児童・生徒が簡単に使うことができず、肝心の授業が進められないことがあげられます。

※参考:「平成29年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果」
   (最終閲覧日:2019年3月28日)
    http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/10/30/1408157_001.pdfより

②準備・操作が複雑なため、活用が滞る

ICT機器を導入した授業はどれだけ機器を率先して活用している先生でも、教材研究が欠かせません。
「ICT機器の効果的な使い時」こそ教育ICTの価値を高め、成功させるために重要とされており、むやみにICTを使うことは、却って授業の質を下げると考える先生は多いです。
そのため、中でもICT環境が整った学校の先生は、ツールの選択肢が多い分、授業の下準備が複雑となります。例えば「タブレットを配布されても効果的な活用法が分からないから、研修に行かなければいけない…」「インストールすべきアプリが多くて分からない」などがあげられ、ICT機器を負担に思うようになります。こうなると教育ICT稼働率は低くなり、ICT機器の機能も十分に果たされず、宝の持ち腐れになってしまうケースもあります。では、ICT環境が整備された中で、先生はどのようなツールを求めているのでしょうか。

先進校だからといって「最新ツール」を求めているわけではない

先生たちにとってICT化は、最新機器の導入を目的としているわけではなく、「このタイミングで、一瞬にして生徒の思考を共有したい」など、使いたい時に、簡単かつ効率的に活用し、学習効果を上げられるICT機器を求めているのです。

また、新学習指導要領では新たにプログラミング教育・英語教育・道徳教育が教科化されます。特に小学校では、プログラミングと英語の教科かが始まるため、学校現場では、いかに授業時間の捻出をするかに、四苦八苦しています。そんな状況下でICT機器を活用して授業を進める際に、機器の説明に時間を費やしていられないのです。いかに業務内容を効率化し、授業の質を高めるかが喫緊の課題であり、ICT機器には「業務の効率化・授業の質向上のためのサポート役」として役立てられることに期待しているのです。

先進校が求めるものは「使いやすいタブレットを用いた授業支援ツール」

これまでのように、たとえ生徒用のタブレットのようなICT機器を導入したとしても、生徒側、先生側が簡単に使えなければ授業を効果的にすすめることはできません。「使ってみよう」「これなら授業もスムーズに進みそうだ」というようなストレスフリーな教育ツールを提案することが、教育ICTの稼働率を上げ導入成功に導く鍵となります。
そこでダイワボウ情報システムでは、先生・生徒が活用しやすいツール導入の支援をしております。実証研究による知見・ノウハウをもとに、生徒を惑わせない工夫を施し、基礎的なタブレット操作を習得、またはサポートする環境をご提供しております。ご興味のある方は、ぜひご質問やお見積り依頼などのお問合せをお寄せください。

関連する教育ICTソリューションのご紹介

おてがるICTパック

おてがるICTパックは、タブレットを含むICT機器を活⽤した授業をお⼿軽に低コストで実現できる、はじめてのICT導入に適したパッケージです。⼤がかりな設置・設定作業は不要で、教室間をスムーズに移動して簡単に利⽤ができるカートと合わせてご提供します。はじめての授業用タブレット導⼊におすすめです。

カタログダウンロード