トレンド情報

提案ノウハウ

導入フェーズ教育ICT転換期

GIGAスクール構想における新課題!
教育委員会の懸念と販売店に必要なサポートとは?

2021.04.06

教育現場のICT化を推進すべく始まったGIGAスクール構想。学校内のネットワーク環境の整備やタブレット端末の導入など、ICT環境の整備は急速に進んでいます。一方で、タブレット端末導入後の保守やサポートなど新たな課題も散見されます。今回はこうした新たな課題に対して、販売店に求められるサポートについてご紹介します。

GIGAスクール後、教育委員会が頭を悩ませる2大課題

今回は、タブレット端末導入後の新たな課題のうち、代表的な二つの例についてご紹介します。

一つ目はタブレット端末の損害補填について、二つ目はタブレット端末の買い替えに伴う費用についてです。これらの課題は、タブレット端末の緊急導入を優先する中であまり注目されることがありませんでしたが、一定の費用負担も発生するため早期の検討が重要になります。

タブレット端末の損害補填

ある高等学校が実施した調査によると、授業に導入したタブレットの破損・故障率はなんと約10%という自治体もある模様です。タブレット端末の破損・故障の内容はさまざまですが、タブレット端末の落下による破損に加え、授業中に端末が作動しないなどの事象が考えられます。

また、破損・故障によって授業での稼働率が落ちるだけでなく、当然修理費や交換機手配などの費用も発生します。こうした追加費用については予算計上をしていない自治体もあり、多くの学校がタブレット端末の損害補填に頭を悩ませています。

5年後のタブレット買い替え時に関する費用負担

予算にからむ課題として、5年後のタブレット更新費用が挙げられます。政府は5か年計画に基づく地方財政措置の活用を進めていますが、現時点では国が更新費用を負担するか否かは明らかになっていません。
※参照:立法と調査「教育におけるデジタル化の推進」

更新費用が自治体負担となれば、財政的に苦しい自治体は教育のICT化に十分な予算を確保できない可能性も出てきます。もし費用が捻出できず、端末の買い替えができない場合、せっかく進んだタブレット端末の導入も後戻りすることになるでしょう。

また、タブレット端末に伴うコストは、端末本体の費用だけではありません。使用後に劣化をするバッテリーに加え、前述の端末故障の問題など、様々な追加費用が発生します。仮に端末を継続して使い続けても、こうした付随する費用負担を避けることは難しいでしょう。

保守予算を考慮したタブレット端末の運用サポートが鍵を握る

タブレット端末は導入して終わりではありません。精密機器を使う以上、メンテナンスにそれなりの費用がかかるのは当然です。しかし、そうした点に配慮した予算化の議論が出てきていないという声も。また、導入後のアフターサポートで欠かせないのが運用面におけるサポートです。

「急に画面が固まり動かなくなった」「頻繁にエラーメッセージが出る」などのトラブル対応に加えて、「設定の方法が分からない」などの使い方のサポートまで、教育のICT化を実現するためのサポートは多岐に渡ります。
タブレット端末の導入に際しては、導入後の故障や経年劣化で必要な修理費用を考慮した保守予算内で、修理だけでなくデーターリカバリーや保証サービスの提供など、タブレット端末の運用を継続的に行えるサポートや体制づくりが不可欠です。

GIGAスクール後のタブレット運用課題に沿った充実したサポートが求められる!

充実したサポートが求められるGIGAスクール後のタブレット運用について、ダイワボウ情報システムでは、教育ICT機器の導入に不安を抱える教育現場や教育関係者を強力にサポートしています。具体的には、 ICT機器の「導入・設置・運用・管理・保守」といった各ステップに適した多様なサービス&サポートをご用意しております。

本記事のテーマである「タブレット端末導入後の保守」についても、IT機器の故障対応を受付から製品返却まで一括して代行するサービスや、データが読み取れなくなったHDDなどを診断してデータを復旧するデータリカバリーサービスなど、幅広いサポートプランをご用意しています。また、端末メーカーの保証期間を延長するサービス(障害復旧支援)もご提案可能です。さらに、自然故障だけでなく、破損・水濡れなどの物損にも対応しているため、安心してタブレット運用を進めていただけます。

タブレットの故障など、もしもの時の備えにも最適なダイワボウ情報システムの文教(K-12)向けサービス&サポートをぜひご検討ください。

関連する教育ICTソリューションのご紹介

文教(K-12)向けサービス&サポート

ネットワーク環境の構築、タブレット / PC / プロジェクターなどの機器設置、ソフトウェアや機器の設定...など、ICT導入時の慣れない作業に不安を感じる学校・教育機関も多いことでしょう。DISが教育ICTの『導入・設置・運用・管理・保守』までトータルサポート致します。

カタログダウンロード