トレンド情報

アフターGIGA

提案ノウハウ

注目の教育ICT製品

導入フェーズ

アフターGIGAスクールで求められる
遠隔コミュニケーションツールとAVシステムとは

2021.08.11

教育現場のICT活用を進めるツールはタブレット端末だけではありません。アフターGIGAのいま、周辺機器や便利な機能を用いてICTの活用の幅を広げることが求められています。今回は、その中でも活用シーンの多い遠隔コミュニケーションツールとAVシステムについて、運用定着に向けたポイントをご紹介します。

アフターGIGAスクールで求められる遠隔授業用コミュニケーションツール

アフターGIGAのいま、遠隔授業において求められるツールは主に2つあります。1つは、スピーディーで円滑なコミュニケーションを実現する遠隔コミュニケーションツール。もう1つは、遠隔授業の質を大きく左右する映像配信システムです。まずは、それぞれの活用方法と必要性について見てみましょう。

無料の遠隔コミュニケーションツール

新型コロナウイルスによる休校措置への対応として、それまでは対面を前提としていた授業や保護者面談などもオンラインに置き換えざるを得ない状況となりました。そうした中、オンラインであってもこれまでと同様に児童生徒や保護者と円滑なコミュニケーションを実現するために、無料の遠隔コミュニケーションツールの需要が高まっています。チャット機能をはじめ、出欠確認や宿題の管理までできるGoogle Classroomなど、様々な無料ツールも急速に普及が広まりつつあります。

映像モニター、映像配信システム

こちらも新型コロナウイルスによる休校措置によって必要性が再認識されたツールです。休校措置が解除されたことで対面授業に戻った学校もありますが、将来的にはオンライン・オフラインどちらにも対応できるような環境整備が標準になることが望まれます。

映像配信システムは、オンライン授業でストレスのない映像配信を行うだけでなく、録画した映像を予習復習に使うなど、学習効果を高める上でも欠かせないツールです。導入に際してはタブレット端末に標準装備されているツールとの親和性の検証や、学校内外でのタブレット端末の利用方法に合った映像モニター・映像配信システムを選ぶことが重要になります。

アフターGIGAで定着させるべき遠隔授業用コミュニケーションツールの選定・運用のヒント

次に、具体的にコミュニケーションツールやモニター、映像配信システムを活用するための選定・運用のヒントについてご紹介します。選択肢が多いため「必要性は分かっているもののどれを選べば良いのかわからない」という声も。ポイントを押さえた提案のために、役立つ情報を見てみましょう。

無料の遠隔コミュニケーションツールの選定

無料の遠隔コミュニケーションツールを利用するうえで重要になるのが「使いやすさ」です。ついつい高機能なツールを選んでしまいがちですが、タブレット端末と同様で「導入することが目的」ではありません。まずは新規導入をして活用をスタートする際に、ストレスなく使い始めることができることがポイントになります。

また、煩わしい操作があるとスムーズな授業進行を妨げる一因にもなり得ます。こうしたツールは教職員や児童生徒にとっても使いやすいツールとなる必要があるでしょう。そのため、「クラスの招待コードを発行するだけで簡単に児童生徒が参加できる」「生徒が自身のメールアドレスを登録せずに使える」など、学校での運用に則したツールの選定が求められています。

映像モニター、映像配信システムの選定と運用

映像モニターや映像配信システムについては、各学校の状況による制約を受けやすいという注意点があります。

例えば、モニターであれば「そもそも教室にディスプレイスタンドを置くスペースがない」「地震や事故で倒れる可能性があるので、置く場所が制限されてしまう」など物理的な制約も。また、映像配信システムについても学校によってはセキュリティ対策として映像の配信を制限しているケースもあります。そのため、安定した運用を実現するためには、各学校の制限やICT機器の活用方法に沿ったAV機器の選定が必要となります。

アフターGIGAでの安定したツール運用には販売店のサポートが必要

学校内外におけるICT機器の安定した運用には各自治体や学校現場の状態に沿った周辺機器の選定と活用提案が必要不可欠です。1人1台端末の導入がひと段落し、今まさにICTの活用の幅を広げようとしている教育現場。そんな現場をサポートするため、販売店にも適切な周辺機器の提案・選定・設定などの支援が求められています。

こうした背景がある中で、ダイワボウ情報システムがご提供を進めるのが文教(K-12)向けサービス&サポート。ICT機器運用定着に向けて、『導入・設置・運用・管理・保守』といった全てのプロセスにおける各種サポートをワンストップでご用意しています。

教員の業務を効率化したい教育ICT総合支援
導入・保守・導入後研修など、学校でのICT運用をトータルサポート
文教(K-12)向けサービス&サポート

メーカーの保証期間を延長できるサービスや、万が一の故障に備えてデータリカバリーするサービスなど、教育ICT導入後も安心していただけるサービスを取り揃えています。教育委員会の頼れるパートナーとなるべく、アフターGIGAにおける困りごとはダイワボウ情報システムにお問合せください。

関連する教育ICTソリューションのご紹介

お問合せ・お見積り依頼

教育ICT機器の活用に不安を覚える教育現場で求められている教員向け研修サービスや、iPad/Chromebook/Windowsと言った3OSのタブレット端末の『導入・設置・運用・管理・保守』をワンストップでサポートできるサービスもご用意しています。

お問合せ・お見積り依頼