DISの教育ICT総合サイト

DIS School Innovation Project

授業例 柳川市編

自発的な思考学習とスピーディーな意見共有で学びを深める!教育用ソフト「キューブきっず4」

単元について

単元の概要   単元のねらい
学年・教科 小学校5年 国語
  • 予想外の結末やリズミカルな展開のおもしろさを楽しみながら読み、そのおもしろさを伝えようとすることができる。
  • 物語の構成をとらえ、登場人物の変化と変化した理由を、王子様の予想外の反応と世界中の人々の様子、立て札の言葉の変化から読み取ることができる。           
  • 場面設定、擬音語、繰り返しの表現のおもしろさや効果に気づくことができる。
  • 物語のあらすじとおもしろさを紹介ポスターに分かりやすくまとめることができる。
単元名 世界でいちばんやかましい音
主に活用したICT機器等 教師用PC  電子黒板 タブレットPC
主に活用したアプリケーション等

キューブきっず4

授業実践事例

●授業の目標

王子様や町の人々、立て札の言葉が変化した理由から、作者が伝えたかったことをとらえることができる。また、友達の考えを関心をもって聞き、作者が伝えたかったことへの理解を深めることができる。

  授業の流れ 指導のポイント(ICT活用ポイント含む)

導入8分

1. 本時のめあてをつかむ

「王子様や町の様子が変化した理由から、作者が伝えたかったことは何か考えよう。

登場人物や町の変化を丁寧に確認して、本時のめあてをつかませる

ICT活用ポイント!
前時の学習内容を拡大提示する

展開①          10分

1. 登場人物や、町の様子が変化した理由を考え、発表する    

2. 友だちの意見を聞き、自分の考えに補足・修正する

〔王子様〕〔町の人々〕〔立て札の言葉〕〔町の様子〕の順に、根拠となる文章を指しながら発表させる。

展開②
20分

1. 作者が伝えたかったことを考える 

2. 考えたことを伝え合う

      
ICT活用ポイント!
  • 気づいたことや工夫を、すぐに製作中の絵本にいかすことができる
  • 内容面の工夫に時間をかけられる

友達の考えと自分の考えを比べ、自分では気づかなかった点に気づかせる。

まとめ           7分

本時のふりかえりを行う

 

友達の考えのよいところを取り入れ、自分の考えをまとめる。

簡単操作ときれいな仕上がりで児童の意欲を高める!

ローマ字打ちに自信がない子どもにも扱いやすいペン機能で、操作に戸惑うことなく、考えることと、考えをかくことに集中できます。色を変えたり消したりすることも簡単。
速くきれいにかけるから、楽しんで課題に取り組むことができます。

友達の意見を参考に、思考活動を活発化!

電子黒板に児童の考えを一斉提示することで、友達の考えから自分の気づかなかった視点を得て、すぐに考えを練りなおすことができます。
何を書いたらよいか分からない児童も、友達の意見を手がかりに自分から課題に取り組みやすくなります。 考えを短時間で深めることができ、表示や保存もスピーディー。テンポの良い展開で、児童の集中力を途切れさせません。

実践授業で活用した製品情報

「伝える」「つくる」「つながる」3つの力を育てる 小学校向け教育用統合ソフト キューブきっず4

「情報教育の充実」と「言語活動の充実」をコンセプトに、低学年で慣れ親しむことから、高学年で本格的な情報活用まで、必要な時に必要なアプリケーションやコンテンツを活用できる教育用統合ソフトです。

ページトップに戻る