DISの教育ICT総合サイト

販売店様向け会員サイト韋駄天(iDATEN)はこちら

「つながるドリル」とは?

学習意欲が上がる、継続する、手書きドリル学習システムです。

タブレットPCを活用して、子どもたちが使い慣れたペン入力でドリル演習に違和感なく集中することができます。
朝学習や放課後に基礎学力分野のドリル学習に最適で、複数の児童・生徒をネットワークでつなぎ、リアルタイムに結果を共有しながら学習することができるので、児童のやる気、意欲が高まります。

製品の特長

  • ドリル学習が楽しくなる、画期的学習システム

    児童生徒がつながって一斉にドリル学習が進行。「つながる、学習」で学習意欲向上を支援します。

  • 様々なシーンで利活用できるタブレット教材

    一斉学習モードと個別学習モードの二つを選択することができるため、朝学習、個別学習、授業内演習の3つの利活用シーンに対応しています。

  • タブレットPC小規模導入からでも活用可能

    タブレットPCを1クラス分、ご準備いただく事で違う時間等で複数のクラスで利用ができる。そうする事により、高い稼働率が実現できる運用が可能です。
    利活用例として、毎日の朝学習のうち、各クラス週1回、「つながるドリル」を利用した学習に設定します。

  • 準備が簡単で教員の負担はほとんどありません

    利活用例として、朝学習でタブレットPCを受け取り、ログイン、ウォーミングアップを開始。指定の時間になれば自動で朝学習が開始。
    手書き文字認識で自動採点され、学習履歴もサーバに蓄積されますので教員の負担はほとんどありません。

利用動画

つながるドリル

動作検証

マルチデバイスに対応

【クライアント】

■Windows

OS Windows 7, Windows 8, Windows 8.1 (RT 8.1は非サポート),Windows 10 
32ビットおよび64ビット対応(Professional Editionを推奨)
CPU Atom Z2760 (1.80GHz)以上
メモリ 2GByte以上
ディスク 約200MByte(小学校全学年算数コンテンツを搭載時。追加コンテンツ搭載時は別途必要)
画面サイズ 7インチ以上必須、10インチ以上推奨
画面解像度 1366x768,1920×1200(その他の解像度についてはご相談ください)
入力デバイス スタイラスペンを推奨
ネットワーク Wi-Fi必須、11Mbps以上推奨
フレームワーク .NET framework 4.5以上(Windows 8以上は標準)

■Android

OS Android 2.2以上
CPU Dual Core以上を推奨
メモリ 384MByte以上
ストレージ 約30MByte(小学校全学年算数コンテンツを搭載時。追加コンテンツ搭載時は別途必要)
画面サイズ 7インチ以上必須、10インチ以上推奨
画面解像度 1280×600, 1280×800(その他の解像度についてはご相談ください)
入力デバイス スタイラスペンを推奨
ネットワーク Wi-Fi必須、11Mbps以上推奨
MDM 導入を推奨。オプティム社Optimal Bizを推奨
外部ストレージ 推奨(アプリケーションメンテナンス時に利用)

■iOS

OS iOS 4.3以上
Webブラウザ Safari 5.0以上
機種 iPad 2, iPad Air 2
入力デバイス スタイラスペンを推奨
ネットワーク Wi-Fi必須、100Mbps以上推奨

 

【サーバー】

■センターサーバー型

OS Linux (CentOS)※Tomcat+PostgreSQLが稼働する環境で動作
CPU/メモリ/ディスク 導入規模・利用形態により個別見積

※サーバ台数、構成等は導入規模、利用形態により個別見積

 

■クラウドサーバー型

タブレット端末よりインターネット接続可能であること。

ダウンロード

問い合わせ

ページトップに戻る