DISの教育ICT総合サイト

JAET認定「学校情報化先進校」に選ばれた 熊本県・高森中学校のICT活用とは?【前編】

2016年03月11日 記事

熊本県にある高森町立高森中学校は、県内だけでなく全国的にも知られた教育ICT先進校。高森町教育委員会のリーダーシップのもと、行政・地域・学校が一丸となってICT化を進めている。高森中学校の取り組みは平成27年、日本教育工学協会(JAET)主催の『学校情報化認定』においても“学校情報化先進校”に選ばれ、教員生徒ともにICT活用能力が高いと評価された。高森中学校ではどのようにICT活用を進めているのか。同校の古庄泰則校長と学校CIO補佐官の薮田挙美教諭に話を聞いた。

地方の小さな町の中学校が、「学校情報化先進校」に選定

高森町立高森中学校(以下、高森中学校)は、平成24年度に町が掲げた「高森町新教育プラン」に伴いICT活用を本格始動させた。当時、高森町では人口減少が進む山間部の教育維持や授業改善が課題になっており、その解決手段としてICT導入に着手した。

 

高森町では新教育プランを開始した初年度に、町内の小中学校全4校、すべての普通教室に電子黒板や指導者用デジタル教科書などを配備。また、モノだけを導入するのではなく、小中学校の全教員が集まる研修会も定期的に実施し、教員全員が一丸となってICT活用を進める体制も整えている。また同4小中学校は、平成25年度から3年連続で合同研究発表会を開催し、全国各地から多くの参加もある。

 

「研究発表会に最初から関わり続けていただいている有識者の指導や助言が大きい」と古庄校長は言う。高森町では教員全員が同じ方向を向いてICT化を進めることが重要だとし、教員が集まって互いに意見交換をしたり、情報共有できる場を当初から設けて取り組んでいるのが特徴だ。

 

高森中学校では、さらに校内研修会や少人数によるICT活用の勉強会なども活発に実施している。ICT導入当初から、高森中学校では職員の朝会を止めて電子朝会にしたり、校務支援システムを活用した校務の効率化も積極的に実践するなど、授業以外にもICTのメリットを活かしている。古庄泰則校長は、「いろいろな学校のICT活用を視察に行くが、本校のICT活用はレベルが高いと思っている。ICTを当たり前のように使いながら、子どもの主体性を伸ばしたり、学びを深めたりとICTのメリットを教育現場で活かせている」と語る。

熊本県高森町立高森中学校 古庄泰則校長
熊本県高森町立高森中学校 古庄泰則校長

そんな高森中学校のICT活用は平成27年、日本教育工学協会(以下、JAET)が主催する「学校情報化認定」の教科指導におけるICT活用の部門において“学校情報化先進校”に選定された。たかもり学習と呼ばれる課題解決型学習をモデル化した授業研究や授業改善、さらには教員のICT活用指導力生徒のICT活用もレベルが高いとJAETから評価を得た。

日本教育工学協会(JAET)が認定する「学校情報化認定」とは?

JAETでは、教育の情報化の推進を支援するために学校情報化認定事業に取り組んでいる。対象は、全国の小学校、中学校、高等学校。JAETが策定した学校情報化診断システムを活用して、自校における情報化の現状を自己評価して応募する仕組みだ。

 

学校情報化診断システムには、「教科指導におけるICT活用」「情報教育」「校務の情報化」「情報化の推進体制」の4つのカテゴリーがあり、それぞれ5問ずつチェック項目が用意されている。各チェック項目に対して4段階評価で自己採点し、すべてのカテゴリーにおいて平均が2以上であれば、学校情報化優良校に選定される。

 

さらに、優良校のなかから4つのカテゴリーにおいて優れた取り組みを実施する学校を選び、学校情報化先進校が選定される。今回、高森中学校は学校情報化優良校(http://www.jaet.jp/katudou/nintei/sensinkou2015.html)として選定されたのち、「教科指導におけるICT活用」のカテゴリーで先進校として表彰された。要因としては、教員のICT活用指導力や生徒のICT活用が共に高いレベルにあると評価。また、課題解決型学習をモデル化した「たかもり学習」と呼ばれる授業研究や、それを基にした授業改善が積極的に行われていることなどが高い評価につながった。

iPadもWindowsタブレットも使う、高森中学校のICT環境

熊本県高森町立高森中学校 学校CIO補佐官 薮田挙美教諭
熊本県高森町立高森中学校 学校CIO補佐官 薮田挙美教諭

高森中学校のICT環境について、学校CIO補佐官である薮田挙美教諭に話を聞いた。高森町では平成27年度より、各学校の研究主任や情報教育担当者が学校CIO補佐官のポジションに就いている。

 

高森中学校では平成24年度、ICT活用を本格始動した年に電子黒板や指導者用デジタル教科書を導入。同時に実物投影機、校務支援システム、教務支援システムも整備した。続いて平成25年度は、ダイワボウ情報システムの普通教室でのICT活用推進実証研究事業『DIS School Innovation Project ※1』にも参画し、平成26年度では町予算による導入によりWindowsタブレットPCを段階的に100台整備無線LANもその際に整備した。現在は全生徒150名が1人1台環境、もしくは共有でタブレットを利用している。また、同校は平成25年度より熊本県の「教育の情報化」の取組みである『ICTを活用した「未来の学校」創造プロジェクト』の研究推進校にも指定されている。

※1 DIS School Innovation ProjectよりタブレットPC 40台他ICT環境を提供

高森中学校で使われている東芝製2in1タブレットPC
高森中学校で使われている東芝製2in1タブレットPC

ほかには地元企業の寄贈によるiPad miniを25台配備している。基本的に授業ではWindowsタブレットを使用しているが、部活動や修学旅行など写真や動画を多く撮影する場面では、iPad miniを活かす。教員に対しては、校務用PCが1人1台配備されているものの、授業で使用する教師用タブレットは10台を全教員で共有しているという。また高森町では、小さい町ながらもICT支援員を設けている。高森中学校にも週2回ほど来校し、現場教員の負担軽減を図るべく行政もバックアップしている。

高森町では教育委員会がリーダーシップをとってICT化を進めたとはいえ、現場の教員を巻き込んでいくためには、学校側の努力が欠かせないであろう。後編では、高森中学校が学校情報化先進校に選ばれるまでに至った歩みを紐解くとともに、先進校へと躍進した秘訣を探る。

 

(取材・文/神谷加代)

ページトップに戻る